糖質制限ダイエットの成功には朝食の摂り方がポイント!

糖質制限ダイエットを成功させるには朝食にポイントがあります。
糖質制限ダイエットでは朝に糖質を摂取しておくのがおススメです。
朝に糖質を摂った方がダイエットしやすいからです。

朝に糖質を摂取するポイントは起床後30分以内に摂ることです。
起床後30分以内に摂取した糖質はと脂肪になりにくいからです。
起床後30分以内に摂取した糖質は筋肉内に運ばれやすくなっていて、筋肉内に運ばれた糖質は運動エネルギーになるので、身体を動かせばその分エネルギーを消費するので糖質が脂肪に変わることがなく、糖質制限ダイエットの成功につながるのです。

糖質制限ダイエットは糖質の量を制限するダイエットなので、どんな糖質でも良いというわけではありません。
どういった糖質を摂取するのが良いのかと言うと、低GI食品を選ぶのをおススメします。
玄米やブランパンを朝食の糖質摂取に特におススメです。
低GI食品は血糖値を上昇させにくく脂肪をつきににくくする働きを持っているので、糖質制限ダイエットはいかに血糖値を急上昇させないかがポイントとなるので低GI食品が役立つのです。

玄米やブランパンと併せて、たんぱく質を摂取することおススメします。
鶏のささみやサラダチキンなどは抵糖質で高たんぱくで朝食に良く、ゆで卵も手軽に食べられてたんぱく質補給もできるので糖質制限ダイエット中の朝食に有効な食材です。

糖質制限ダイエットのポイントは朝食に低GI食品を摂って糖質の摂取量を減らしつつ、たんぱく質も摂ることが良いのが分かります。