エイジングケアを施すことで肌荒れを改善できる

肌が老化する原因は、肌が紫外線を浴びることになります。
なので、シミ対策として紫外線対策を徹底して行うことが重要となり、日焼け止めクリームやUVカット効果のある化粧下地を塗って対策するのが基本です。
また、外出時は帽子や日傘によって紫外線対策を行えるので、直射日光を避けることで肌の乾燥によって肌荒れが起きるのを防ぎやすくなります。
他にも、シミの原因となるメラニンの沈着を抑えるには、できたメラニン色素を還元してシミを薄くできるビタミンCを摂取するのがポイントです。
けれども、ビタミンCは水溶性となるので、摂取しても体外に排出されやすいため体内
に留めにくいですり
よって、ビタミンCはこまめに摂取することで補う必要がある上に、肌トラブルを引き起こす元となる乾燥対策を施す必要もあります。
なぜなら、乾燥を防ぐには肌をきちんと保湿することになるので、肌を保湿しないと乾燥が進行するからです。
肌に強い刺激を与えるオイルクレンジングや洗顔料を使用すると、肌が乾燥する原因を招きます。
エイジングケアを施すためには、肌に与える刺激が弱いクレンジング料や洗顔料を使用し、洗顔後は化粧水を使って保湿するのが大切です。
また、化粧水を使うだけでなく美容液も併用し、手のひらで優しく押し込むように肌に浸透させることで、肌の調子を整えつつ肌荒れを改善しやすくなります。
エイジングケアでシミ対策と紫外線対策を施すことで、肌の状態が正常でなくても肌荒れを改善しつつ、肌の機能を改善することも可能になります。