炭酸パックの効果的な使用方法とその注意点について

炭酸パックの使い方で大事なのは最初の1週間から10日は毎日連続で使う事です。
なぜかと言うと炭酸パックは肌を活性化させるのですが、1回目の使用では肌にまだスイッチが入りません。
連続して使用する事で肌のスイッチが入り、ターンオーバーなどが正常化します。
そうしてスイッチが入った後は1週間に1度ずつのペースでも維持する事が出来るのでこのように最初だけイレギュラーな感じになるのです。
炭酸パックを使うには先に洗顔しておかなければなりません。
顔に皮脂などが付いているとそれらが炭酸パックの効果を阻害してしまいます。
そして肌が冷えた状態で行うと効果が高まります。
運動後やお風呂の後そのまま使用するのはあまり良くありません。
しかし保冷剤や、氷をビニール袋に入れた物を使ったりといった方法で顔を冷やせば問題ありません。
炭酸パックのジェルをケチって少なく塗るのも良くありません。
高価なものであってもしっかり塗りましょう。
そして炭酸パックの時間はしっかり守りましょう。
効果をしっかり受けたいなどの理由で勝手に時間を長くしたりすると肌のトラブルを招く可能性があります。
最大限の効果を求めるからこそ時間をきっちり守りましょう。
そして落ち着いた状態で炭酸パックを使うのも重要です。
ゆったりと落ち着いた時の方が効果が大きくなります。
そして終わった後はしっかりとジェルを流しましょう。
これも長い時間やるのと同じで肌トラブルの原因となってしまいます。
最後はしっかりとジェルを洗い流して下さい。