ピーリング方法として「ピーリング洗顔」を紹介

ピーリング方法の1つとして洗顔でピーリングを行う方法があります。
そこで、正しいピーリング洗顔の方法を紹介します。

ピーリング洗顔を行う場場合はピーリング剤を肌に付けてから2分から3分ほど置くのが正しいやり方です。

ピーリング洗顔を行うことで古い角質を取り除くことができます。
ですが、ピーリング剤に使われている成分はバリア機能として働いてくれる必要な角質を取ってしまうのでピーリング後は乾燥状態となります。
角質を除去した後の肌を守るためにもしっかりと保湿をしてあげるのもピーリング方法の正しいやり方です。

ピーリング方法として肌が丈夫な人もそうでない人も最初は低刺激でマイルドなピーリング石鹸やジェルを使うことをおススメします。

低刺激でマイルドなピーリング剤を使ってみて、今ある古い角質を全部落ちるまで使い続けます。
古い角質が落ちたら肌に角質が溜まるまで使用を控えて、肌に角質が溜まってくるまでの日数をチェックします。
洗顔や保湿の際に肌がゴワゴワするなどの感覚が角質が溜まったサインです。
3日後にゴワゴワするのを感じたらピーリングの頻度を3日に1回にし、1週間後に角質が溜まってきたと感じたらピーリングの頻度を週に1回を目安にします。

ピーリングの正しいやり方を知ることで、肌に刺激や負担を少なくし古い角質を取り除くことで美肌へと導きやすくします。