普段のネイルケアはどういう方法でおこなう?

女性なら皆さん、セルフネイルをしたり、店でネイルをしてもらったりの経験はあると思いますが、

お店だと値段が高いぶんしっかりネイルケアをしてもらえますが、セルフネイルだと自分でおこなわなければなりません。
マニキュアを塗ることばかりを考えず、しっかりネイルケアをすることが大切です。
まずマニキュアを塗る際は、色をのせる前に必ずベースコートを塗りましょう。
これをすることで色素沈着やマニキュアの剥がれを防ぎ、マニキュアのつきがよくなります。
そして色をのせたあとはトップコートを塗りましょう。
これをすることでツヤを与えたり、剥がれにくくなります。
そしていずれも、皮膚につかないように塗りましょう。
そしてオフする際は、除光液をたっぷりつけたコットンをネイルにしばらく押さえつけてからするっと落としましょう。
ゴシゴシこすっては、傷める原因となるためやめましょう。
オフしたあとは続けてまたネイルをせず、少し時間をおくと、爪に負担がかかりづらくなります。
そしてそれで終わりではありません。
マニキュアを塗っていない時でもケアは必要です。
これをするのとしないのとではえらい違います。
爪を強くするコート剤や、ネイルオイルでしっかりケアしましょう。
ネイルケア用のハンドクリームでマッサージするのも良いです。
甘皮のケアも忘れずおこないましょう。
マニキュアを塗っていても爪がボロボロでは意味がありません。
以上の方法で、普段から爪を保護していきましょう。