美白サプリの選び方は美白に良い成分が含まれているかがポイント

美白化粧品でケアすることも有効ですが、透明感のある肌へと導きたいなら身体の内側からのケアが大切です。
身体の内側からのケアとして美白サプリを活用するのがおススメです。

美白サプリの選び方として効果の高い成分が入っているものを選ぶのがポイントです。

美白効果が高い成分として「Lシステイン」「アルブチン」「トラネキサム酸」「ビタミンC」「ビタミンE」「βカロテン」が挙げられます。

Lシステインは肌代謝をサポートする働きを持っており、メラニンを無色化し、肌のターンオーバーを促進させることで美白効果を引き出します。

アルブチンは肌の漂白剤とも言われているので肌に浸透させることで美白効果を高めてくれる成分です。

トラネキサム酸は肝斑の治療にも使われている成分なので美白効果も期待できる成分です。

ビタミンCは基礎化粧品に多く配合されている成分です。
美肌や美白効果があり、できてしまった黒色メラニンを淡色メラニンに還元する働きももっています。
白い肌を手に入れるサポートしてくれます。

ビタミンEは美肌になるために必要と言われている栄養素です。
肌の老化を抑制する働きや血の巡りを促す効果があります。
肌を健康的にして、ターンオーバーを正常化します。

βカロテンは身体に入ることでビタミンAに変換します。
ビタミンAには肌老化を防止したり、新陳代謝を促す作用があります。
肌の老化を防ぎ、代謝を促すことでメラニン色素を肌の外に出してくれます。

こういった美白成分が入ったサプリを選ぶことで内側から美白効果を高めてくれます。